スタジオエアライツ

Home > ビジネス> スタジオエアライツ

アナウンサー 就活写真 スナップ写真 es エントリーシート写真 【スタジオ エアライツ】


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ファッション誌JJさんからも「従来の写真館の限界を超え 美しく撮れる!」と高い評価を受け、何度も取材を受けました。アナウンサー試験は写真の印象で書類が突破するか?決まると言っても過言ではありません。本当に技術のあるスタジオで撮る事が目標達成の近道です。

モデルとして活躍している友人が、プロレベルの写真が撮れるフォトスタジオで宣材写真を撮ってもらっていると言っていました。モデルの人はすごいなあと思っていたのですが、アナウンサー志望で勉強していて、セミナーに応募してもなかなか参加することができなかったので、気になってモデルの友人に聞いてみるとアナウンサー試験用の評判も良いみたいということだったので、さっそく同じフォトスタジオで撮影してみることにしました。 もともとフォトスタジオで撮影していたのですが、プロレベルという言葉が気になったので試すつもりで行ったのですが、本当に仕上がりが違ってとても驚きました。何枚かとってもらったのですが、屋外のスナップのレベルが凄くて自分でもモデル級に撮影できたと自信を持てるほどでした。良かったところは、修正をしなくてもとてもきれいに仕上がることです。アナウンサー試験用に、別のところで撮影した時には仕上がりが気に入らなくて修正してもらい、自分とは印象が少し違う気がしていました。納得できる写真が撮れてセミナーにも参加する機会が増えたので、アナウンサー試験もこれで勝負をすることに決めたので、2次対策を始める気持ちになることができました。
PAGE TOP ↑