スタジオ Remember

Home > ビジネス> スタジオ Remember

お探しのページは見つかりませんでした


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

自分が目的としていた写真を撮影できると、満足をしてしまいますが、撮影スタジオを利用する場合は、最後までしっかりとマナーを守って利用することを考えなくてはなりません。初めて撮影スタジオを利用する人は、なかなかマナーの部分に気がつけていない場合がありますが、しっかりと確認をした上で利用しないと、次回は予約をさせてくれないなどの場合も出てきてしまいます。どんな部分に気をつけて使用しなくてはならないかと言いますと、しっかりと掃除をして退室をする部分になります。自分たちが使用すると、いくらか汚れてしまいます。撮影スタジオにいるスタッフが掃除を行ってくれる場合が多いですが、ゴミなどはしっかりと持ち帰らなくてはなりません。ゴミを持ち帰らないでそのままにしてしまうなどの場合は、次回から利用させてもらえない可能性が高くなってしまいます。また撮影をした道具は、元の場所に戻すようにしましょう。この部分もゴミの時と同様で、使用した道具をそのままにして帰ってしまうと、次回から利用させてもらえない傾向があります。たくさんの人から利用されている撮影スタジオの場合は、容赦なく次回の予約から禁止されてしまう場合があるので、特に人気になっている撮影スタジオを利用する場合は、この部分に注意をしなくてはなりません。使用した後のマナーも非常に重要になりますが、使用している最中のマナーも非常に重要になると覚えておきましょう。建物の中にいくつかの部屋がある撮影スタジオもあります。この場合は自分たちだけが利用をしているわけではないので、周りの人に迷惑をかけないように、撮影スタジオを使用しなくてはなりません。非常に大きな声で話をしてしまう、また音楽を大音量でかけて撮影をしてしまうなどの行動を行ってしまうと、周りの人に迷惑をかけてしまうだけではなく、クレームになってしまいトラブルになってしまう可能性も考えられます。十分にマナーを守った上で、使用しなくてはならない部分を忘れないようにしましょう。

注目キーワード

写真整理
写真を時系列またはカテゴリー別で整理すること
写真集
写真によって主要な内容が構成されている書籍のこと。 一般に英訳の際は、Photo Book と記載されることが多い。
PAGE TOP ↑