ベアーズコーポレーション株式会社

Home > 住宅> ベアーズコーポレーション株式会社

ベアーズコーポレーション


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

茨木市の不動産情報を完全網羅! 新築・中古一戸建て、中古マンション、売土地。お目当ての物件情報を簡単に検索出来ます。物件探しは掲載物件数地域ナンバーワンのベアーズコーポレーション株式会社

生活をするとき、都市部にすむのか、田舎に住むのかの選択をすることがあるかもしれません。一般的には都市部を選びます。何といっても日常的な生活の利便性が違います。鉄道などが利用でき、スーパーや医療機関などがすぐに利用できると安心できます。しかし、都市部だといろいろなストレスがたまります。人工的に植えらえた植物などもありますが、それではなかなか自然を感じられないかもしれません。都市部で生活するのがつらくなったときには田舎での生活を考えるでしょう。都市部の機能も自然も持ち合わせたところがあれば住みやすいといえますが、なかなかぴったりするところはありません。大阪府の茨木市は、大阪の中心部から鉄道で10分ほどの市です。多くの人口を擁し、駅前などは住宅や商業施設などの開発が進んでいます。ですから都市部になり、田舎の様相はありません。住みやすい不動産を選ぶのであれば、駅前などから探せばいいでしょう。ただ、茨木市は南北に長く、市の北部は自然が残されています。市の半分ぐらいは山間部で、自然を満喫できる施設もあります。普段は都市部で生活して、週末は市の北部の自然に出かけるなどの生活が可能になります。茨木市であれば、都市部での生活も行えますし、自然に触れるのもしやすいといえるでしょう。不動産選びとしては、どうしても駅周辺は高めになります。駅から徒歩で10分ぐらいまではそれなりに高く、15分以上となると価格も落ち着いてきます。バスで駅までくることを考えると、不動産の選択肢も増えます。バスで15分ぐらいであれば、自然の残っている部分もあり、多少通勤は大変になりますがストレスはたまりにくいかもしれません。自然が残されているといっても、道路などはしっかり整備されているので、都市部にはすぐ出ることができます。コンビニなどの商業施設も一定の地域ごとにあるので、物がなくて困ることは少ないでしょう。茨木市の不動産なら、田舎暮らしの選択も可能になります。
PAGE TOP ↑