Naosstec

Home > 住宅> Naosstec

最新のフローリング張り替えはナオス・テック|既存床へ重ね張り


フローリングの関連情報

フローリング、フロアリング(flooring)とは、主に木質系材料からなる床板で表面加工などの加工を施したもの。ただし英語の flooring は単に『床材』という意味であり、リノリウムや和室の畳も英語では flooring である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フローリングの張り替えは最新・新素材・新工法の「ナオスフローリング」。既存床へ重ね張りする事で作業期間を短縮。通常の張り替え工事に比べ、約3分の1ほどの低価格でご利用頂けます。某公団や大手企業にも採用いただいている最新の重ね張りフローリング。

床の部分で、気になるところが目立ってきたり、なおかつ全体的な老朽化が進んでいるような状態なら、素直にフローリングの張り替え作業を業者にお願いした方が良いでしょう。今の時代では、リフォームのニーズも増えてきているので、少し工夫をすればレベルの高いリフォーム業者を見つけることができるようになりました。単純にフローリングの張り替えを行うやり方もあれば、既存の床の上から、新しいパネルを取り付けるといった方法も存在します。また、フロアパネルを取り替えるのではなく、上から新しい素材でコーティングする、フロアコーティングと言う方法もあるでしょう。今自分がどのような方法でフローリングを新調したいと感じているのか、その方向性を定めつつ、業者に声をかけることが大事です。もし自分の身の回りで、張り替え工事を依頼したことがあると言う人がいるなら、その人からオススメの業者を教えてもらうのが無難なやり方だといえます。特に地元で活躍している地域密着タイプの業者が存在しているなら、そちらに声をかけましょう。全くそういった心当たりがない場合は、インターネット上から情報収集するのが妥当です。今の時代はニーズがあると言うこともあり、全国規模で出張に来てくれるような、臨機応変の業者もたくさん見つけられます。まずはネット上に目を向けた段階で、口コミ情報サイトや、人気ランキングサイトを利用し、評判を確認してみると良いでしょう。そういったところで名前が頻繁に見かけられるフローリング張り替え工事業者をチェックしたら、ホームページをダイレクトに確認しておくべきです。ホームページでは、今まで行ってきた床の張り替え工事の事例などが、画像とともに確認できたりします。もちろん、パンフレットを取り寄せることもできたりするので、参考材料は全て集めておくと良いでしょう。わからない事は前もってメールや電話で問い合わせをし、明確にしてから検討することが大切です。
PAGE TOP ↑