ドリームネット

Home > 住宅> ドリームネット

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ。住宅ローンでは、希望金額を借りるためには、住宅ローン審査に通らなければなりません。ドリームネットは成功率98%の実績。そして完全成功報酬制で相談・出張は何回でも無料です。

住宅ローンとは組むときに色々とやることがあります。一つは保険に加入することです。火災もそうですし、生命保険も加入します。団信と呼ばれるものであり、これによって実はローンを組んでいる人が死亡した場合、その後の返済が免責されます。正確にいいますとその保険が残りが賄われる、ということになっているわけです。それと当然ですが返済が終わるまでしっかりとその土地家屋は抵当に入ることになります。つまりは、まだ完全に所有権があるとはいい難いものであるわけです。当然、返済が滞った場合には取り上げられることになります。一回二回でどうこうなるわけではないのですが、それでも基本的にはかなりよくないことです。きっちりと返済を毎回できるようにしましょう。ですから、はっきりといってしまうと最初からそれなりに資金に余裕がある必要性があるわけです。貯金がそこそこあるからといってすべて頭金にするとかそんなことはしないほうがよいに決まっています。それなりに余裕を持っておくことが住宅ローンを組むときにおいても重要になります。またボーナス払いなどは特にそれがいえることになるでしょう。住宅ローンですが、何年くらいまでがよいのかということがあるでしょう。これはその人の今の年齢によって違うことになります。例えば40歳で35年ローンというのは厳しすぎます。そもそも金融機関が認めるとは思えないレベルではありますが、金融機関的には元金に関してはかなり早い段階で回収できますから、もしかすると途中で失敗しても回収はできるから、ということで認めてくれることもあるでしょう。ここがまさに注意ポイントになります。貸してくれる金額がそのまま自分の分限になるわけではない、という点です。大事に鳴ってくることは自らで判断した分限であり、特にこうした買い物をするときには気が大きくなりがちですから、これは本当に注意した方がよいことであるといえるでしょう。
<<関連情報:住宅ローン 審査 通し屋>>
PAGE TOP ↑