eiwa

Home > 住宅> eiwa

東京・神奈川の大規模修繕、長期修繕計画なら【株式会社 永和工業】


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

大規模修繕は東京・神奈川にオフィスがある株式会社永和工業を是非、ご利用下さい。リニューアル工事を始めて約30年の実績とノウハウを持った総合リニューアル会社。関東全域1都6県で事業活動しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

戦後の日本は、猛スピードで経済成長を遂げて来ました。その中でも象徴と言えるのが、東京の発展ではないでしょうか。再来年には二度目となるオリンピック開催を控えていますが、一度目のオリンピックは、戦後からの復興を世界に発信する場でもありました。バブル期にはたくさんのマンションが建設されましたが、その大半が修繕の時期を迎えています。大規模修繕には時間と多額の費用が必要になりますが、安全面を考えると早期に修繕をしておくべきです。背景にあるのが、東日本大震災の教訓ではないでしょうか。家屋の下敷きになって命を落とした方が多いですし、耐震性が十分でなく家屋の崩壊が起きてしまったケースもあります。言うまでもなく東京は日本の中枢ですし、首都機能が失われるリスクを考えておくべきです。リスク管理が出来ていると、被害を最小限に抑えることが出来るはずです。大規模修繕で最も重要になるのが、業者選びだと言われています。オリンピック関連の工事が増えていますし、業者は空前の繁忙期を迎えています。早めの依頼をしておくべきですし、入念な計画を練って推し進めるべきではないでしょうか。エレベーターの点検やバリアフリー、水回りの充実や共用部分のチェックも怠ってはなりません。東京はマンションやアパートに住んでいる方が多いですし、単身で住んでいることで修繕には無関心になってしまうことがあります。無関心こそが一番の問題で、常に話し合いをして声を上げることが重要ではないでしょうか。大きな津波に襲われる可能性もありますし、避難所としての役割も担っています。住民の希望や要望が叶えられる大規模修繕が理想ですし、アイデアを出すことも重要ではないでしょうか。シニア世代のマンション購入も増えていますが、様々なサービスが展開されています。暮らし易い時代になっているからこそ、足元に目を向けることが大切ではないでしょうか。日本経済を発展させるには、守りを固めるべきです。
<<関連情報:大規模修繕 東京>>
PAGE TOP ↑