銀座 誠友堂

Home > ビジネス> 銀座 誠友堂

金の支払調書 | 金は小分け分割で節税&マイナンバー対策【銀座誠友堂】


の関連情報

金(きん、英: gold, 羅: aurum)は原子番号79の元素。第11族元素に属する金属元素。常温常圧下の単体では人類が古くから知る固体金属である。 元素記号Auは、ラテン語で金を意味する aurum に由来する。 見かけは光沢のある黄色すなわち金色に輝く。日本語では、金を「かね」と読めば通貨・貨幣・金銭と同義(お金)である。金属としての金は「黄金」(おうごん)とも呼ばれ、「黄金時代」は物事の全盛期の比喩表現として使われる。金の字を含む「金属」や「金物」(かなもの)は金属全体やそれを使った道具の総称でもある。 金属としては重く、軟らかく、可鍛性がある。展性と延性に富み、非常に薄く延ばしたり、広げたりすることができる。同族の銅と銀が比較的反応性に富むこととは対照的に、標準酸化還元電位に基くイオン化傾向は全金属中で最小であり、反応性が低い。熱水鉱床として生成され、そのまま採掘されるか、風化の結果生まれた金塊や沖積鉱床(砂金)として採集される。 これらの性質から、金は多くの時代と地域で貴金属として価値を認められてきた。化合物ではなく単体で産出されるため精錬の必要がなく、装飾品として人類に利用された最古の金属で、美術工芸品にも多く用いられた。銀や銅と共に交換・貨幣用金属の一つであり、現代に至るまで蓄財や投資の手段となったり、金貨として加工・使用されたりしている。ISO通貨コードでは XAU と表す。また、医療やエレクトロニクスなどの分野で利用されている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

金を小分けしないで売却すると必要になる支払調書についてご紹介します。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払調書を提出する義務がなくなります。

母親の遺産を相続しました。既に父は他界しておりましたので、相続人は自分と姉の2人だけということもあり、遺産相続のあらそいなどということとは全く無縁の平和なものでした。しかし困ったことがありました。それがインゴットのぞんざいです。母は生前から財産形成の一環としてある程度の纏まった資産があると金(インゴット)に変えて保有をしていたのです。それも相続の財産として姉と半分に分配しましたが、自分の経営している会社の増資分としてどうしてもそれを利用したいと考えていました。 現金で相続できた分は想定よりも少なかったので、このインゴットに期待を寄せていたのですが、200万円を超える取引の場合には支払調書の提出を買取企業側が義務付けられているということを知り困っていました。 節税などの観点からどのような方法でインゴットを現金化しようかと悩んでいたところ、知人から銀座誠友堂を紹介されて相談させていただきました。そこで小分けにして取引をするという方法を知り、なるほどと膝を打ちました。それならば1回の取引額を抑えることができるために、安心して売却を行うことができます。 実際の取引もとてもスムーズで、信頼ができるものでした。たいへん満足のいく取引ができ、感謝しています。
PAGE TOP ↑