ロックセキュア

Home > 生活> ロックセキュア

ロックセキュア 鍵の取り替え 鍵交換ならロックセキュア。


鍵の関連情報

鍵(かぎ、キー、Key)は錠前(ロック、鍵穴、Lock)を解錠する(操作する)ための器具である。鍵と錠前は扉や物品などに取り付けて、鍵を開けられる人間以外の使用を制限するための道具。人身や財産の保護、保安などの目的で用いる。典型的な鍵(右図)は、錠前の鍵穴に差し込まれる個々に形状の異なるブレード部分と、鍵穴には入らず手でつまんでブレードを回転させるのに使う頭部から成る。ブレード部は一般に一つまたは少数の特定の錠前にしか合わない。 日常会話では、鍵と錠前をまとめて「かぎ」と呼ぶ場合が多い(例 : 「かぎを掛ける」)が、本頁では主に鍵自体について記述する。 鍵は、建物や自動車といった財産について、完全ではないが(ピッキング行為参照)安価なアクセス制御手段を提供する。そのため、鍵は現代の先進地域ではありふれたものであり、世界的にもよく使われている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ロックセキュアは、鍵の取替・交換・修理を行っております。玄関はもちろん、トイレや個室、シャッターなど、住宅のあらゆる鍵にも対応しております。また、予算に応じた工事もお任せ下さい。豊富な鍵の種類や、私たちの技術力で最善のご提案をいたします。

ロックセキュアを利用することによって、既存のロッカーやキャビネットを使ったままセキュリティー対策をすることができます。基本的には取っ手などの部分をカバーしてICカードなどを使って解除できるようにするのがロックセキュアの特徴です。ちなみに、サイズも数種類用意されているため、ほとんど対応できるというメリットがあります。そして、キャビネットには両開きや引き出しタイプなどがありますが、こちらも対応することができます。実際に利用するにあたって、特別な工事は必要がなくあまり費用を掛けずにつけたいというところに向いています。構造的には、取っ手の部分にロックセキュアのユニット本体を直接取り付けて、ロックが解除されると本体がスライドでき取っ手が現れるような仕組みになっています。そして、ロックセキュアの承認方法もICカードを使って承認するタイプとテンキーで暗証番号を入力することによって解除できるタイプがあります。そして、ICカードタイプはパソコンで履歴を確認できるというメリットがあります。例えば、そのキャビネットの扉を開けられる人を限定したいという時に重宝します。予めアクセス権限を設定しておく必要がありますが、パソコンで簡単に行えるようになっています。これによって、重要書類や機密情報の漏洩を防ぐことができます。ちなみに、先ほどもあったように履歴も管理することができ、必要に応じてCSV形式で保管することができます。これによって、いざという時にも開錠した人を特定できるというメリットがあります。もちろん、複数台のロックセキュアがLAN接続されているため一ヶ所で管理できます。それに対して、テンキータイプはアクセス管理はできないものの、番号で開錠するため鍵の管理をしなくても良いという部分があります。いずれのタイプも鍵の管理をしなくてもいいというメリットがあり、手軽にセキュリティー対策をしたいという時に役立ちます。
<<関連情報:ロックセキュア>>
PAGE TOP ↑