自家焙煎珈琲やすらぎ

Home > 生活> 自家焙煎珈琲やすらぎ

コーヒー豆通販は自家焙煎珈琲やすらぎへ!受注後に焙煎を行います。


コーヒーの関連情報

コーヒー(オランダ語: koffie /?k?fi/ コフィ)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

おいしいコーヒー豆をお探しなら自家焙煎珈琲やすらぎへ!通販で注文することができます。受注後に焙煎を行い、新鮮なコーヒー豆をお届けいたします。業務用やコーヒーギフトも好評発売中!美味しいコーヒーの淹れ方も紹介しています。

年間を通して通販サイトであれば美味しいコーヒー豆を見つけ出すことができるので、毎日を忙しく過ごす人にも大助かりです。夏になったらコーヒー好きの人でもアイスコーヒーを飲みたいと考えますので、アイスコーヒーに適した選りすぐりのコーヒー豆を通販で選ぶこともできます。夏場は熱いので外へ出かけるのも汗だくになりますが、通販サイトを利用すれば涼しい室内で、好みのコーヒー豆を選べるので、夏の暑さなども問題にはなりません。好みの豆を見つけて購入をして自宅へ届いたら、美味しいアイスコーヒーを家で淹れるために大事なことは、抽出という最終関門です。豆が持っている本来の格式高い味わいと風味を出すためには、豆の抽出をするひと手間を惜しまないのがキーポイントになります。具体的には抽出をした後、冷却をするまでの時間をできるだけ短くすることであり、この最大ポイントを外すわけにはいきません。サイズは大きめの氷を用意してサーバーに加えたら、コーヒーの粉をフィルターをしたドリッパーに入れて、90度くらいのお湯を入れます。入れるときにはドリッパーの中心から、状態は円を描くようなイメージでお湯を注ぎ入れますが、お湯を溢れるほど入れないように注意です。粉を全体的に湿らせることができたら1分間ほど蒸らして、ホットコーヒーの時よりも2倍は濃いコーヒー液を作ります。お湯はドリッパーの穴が開いている部分から、ゆっくりと注ぎ入れるようにしますが、これは豆の層としても最も多いためです。大き目の氷を入れているので氷に直接、注ぎ入れるコーヒー液が当たるようにします。できるだけ温度はすぐにでも下げたいですから、急速で冷やすためにも使う氷は小ぶりではなく、大きなサイズを使うことです。急速で冷やした後は今度はサーバー内の氷を取り除きますが、この作業は手早くやるようにします。いつまでも氷を入れたままにしておくと、氷はやがてとけていきますので、アイスコーヒーが薄くなりすぎてしまうためです。
PAGE TOP ↑