株式会社松浦建設

Home > 住宅> 株式会社松浦建設

札幌のリフォーム・リノベーションなら株式会社松浦建設 | 外壁、マンション、断熱、フルリフォーム


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

札幌のリフォーム・リノベーションなら「あたたかい家」「すずしい家」を提案する株式会社松浦建設へ。住宅、マンション、外壁、断熱、屋根、キッチン、洗面化粧台、ユニットバス、サッシ、フローリング、和室、外壁、フルリフォームに対応。法人・個人から小工事・大工事までご相談ください。

建物のリフォーム工事は傷んだ部分の修理の他、居住性の改善を目的に行われます。そのため、立地環境を考慮したうえで適切な工事を行うことが重要です。札幌は冬季になると気温が氷点下まで下がる他、積雪もあることからリフォーム工事を行う際は低温や雪の影響を考えることが大切です。特に気温の低下に伴う屋内との温度差は建材や設備の劣化に繋がることから、高い断熱性を保つ工事にすることが建物の状態を良好に保つ条件になります。また、札幌は冬が寒い反面、夏になると本州並みに高温多湿な環境になります。そのため、断熱性を保ちながら室内に湿気を籠らせない通気性も保持させるリフォーム工事を行うのが住み心地を良くするための重要な条件です。札幌をはじめとする北海道全域は一年を通して寒暖の差が激しいので、極端な環境の変化に耐えられる造りの建物にするのが快適な暮らしに繋がります。リフォーム工事は北海道の気候に詳しい専門業者に依頼するのが最も無難な対処法です。全国規模の大手メーカーの中には北海道の気候に適した工事が出来ない所もあるので、多少割高でも地元の専門業者に依頼するのが満足出来る施工結果にするための工夫です。また、使用する建材や断熱材は気温変化による劣化を避けるため、必ず寒冷地仕様の製品を選ぶように心がけます。札幌でのリフォーム工事は住み心地の改善を重視する他、北海道の開放的な雰囲気を室内でも楽しめる造りにする選択肢があります。毎日の暮らしに彩を持たせ、楽しむことも住処を作り替える魅力の一つです。居住性の高さと遊び心を両立させた作りにするためには北海道の気候に詳しく、室内デザインのセンスが良い業者を選ぶのが最良の方法になります。業者選びは専用の比較サイトや地域の情報誌などを利用するのが一般的な方法です。住宅の工事は費用が高額化しやすい他、簡単にやり直しが出来ないので業者選びは事前の情報収集を入念に行って慎重に判断することを心がけます。

注目キーワード

リフォーム
reform は英語だと、改正などの意味で使用される。 日本では、『作り変える』意味で使われることが多い。 +服の仕立て直し。 +建物などの改築、増築、改装。リモデルも参照。
長谷工リフォーム
PAGE TOP ↑