pluspa

Home > 生活> pluspa

モチベーションアップや健康維持に!うつも克服!スパーブヘルスアカデミー


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬に頼らず、自分の力で着実に治していく。「プラス思考の習慣づけ」でうつ克服を目指すスパーブ ヘルス アカデミーご案内しています。

子供が悪さをするのは、もしかしたら助けてほしい合図のことも少なくありません。他人に意地悪していたり物を技とに壊すようになったり、ちょっとした日常の変化によって何かしらのサインを出していることがあります。これは第三者に助けを求めていることがあり、それを保護者の肩書きがついてあげないと飛行に走ることも考えられます。教育の現場では学校の先生がいることで、しっかりと悪さを管理してくれていると感じている親もいますが、居行く現場で見える部分と見えない部分があるのも事実です。そんな子供の精神的な状況を向上していこうというのが、実はマインドフルネスになります。精神状態を安定させることができるのですが、集中力や判断力、また心理的な部分にまで影響を与えることができるために、これからの時代に期待されています。特に教育現場で期待できるということは、先生にとって大きなメリットになります。子どもらしい行動を制御するのではなく、しっかりと考えること知恵を使うことになるために、早い段階で問題を解決できるようになります。難しい方法ではなくやり方は瞑想になりますが、過去に成功者がやっていたことからビジネスの世界でも成果を挙げるためにやっている人が多くいます。マインドフルネスは姿勢が大切になることから、最低でも呼吸が楽にできる姿勢であれば、立っていても座っていてもどのような形でもかまいません。一定の時間を使いますので、あまりに辛い市制だと問題が利増すが、そうでない限り瞑想ができる状態を作ってやっていくことです。気分転換の為にやることもできるのがマインドフルネスで、子供が気分転換と感じる人もいるかもしれないですが、これも現代の子供のストレスを解消するために必要なことといえます。中には自分の存在意義について悩みだす子供だっていますし、何よりも心の悩みを軽く捉えないで本気になって解決することで教育現場から変ることができます。

注目キーワード

カウンセリング教育サポートセンター
特定非営利活動法人(NPO法人)カウンセリング教育サポートセンター。 略称CESC(セスク)。 東京都港区。 前身の「東京カウンセリングスクール」は1962年設立。 NPO法人としての設立は2000年。 カウ...
カウンセリングマインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
PAGE TOP ↑