Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

Home > 趣味> Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

球磨川のラフティングノーティーボーイズ(公式HP)で急流のスリルを楽しめます


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ラフティングはもちろん、人気のターザンや飛び込みが出来るアクティブコースがおすすめです! 日本三大急流である球磨川のスリルを楽しめる、ラフティングノーティーボーイズです。ベテランのガイドがお客様の夏の思い出作りを全力でお手伝いいたしますので、興味のある方はぜひご利用ください。

レジャースポーツを楽しむならば、川下りのスポーツアクティビティも話題沸騰中で、特に、九州地方で人気スポットとされるのは球磨川ラフティングです。球磨川は日本3大急流にも挙げられていて、リバースポーツも盛んです。ラフティングに関しても、ここ数年、国際スポーツの祭典などの反響からも人気度が高まっており、楽しみに訪れる方々も多く、また、そうしたニーズに応えるべく、レジャー施設も増えています。無論、過去に重大なトラブルの発生も無く、安全対策も万全で楽しめるリバースポーツですが、それでも、中学生以上からの参加をお願いする施設は少なくはありません。相乗りとした楽しみ方が一般化していますが、迫力満点なラフティングを楽しみたい場合、大人のためのツアーを組む業者の存在も話題を呼んでいます。また、楽しむためには、安全性は一番重要視すべきで、ラフティング料金に保険を付けている業者を必ず選ぶことは大事です。予期できる水の事故というのは無く、万が一、怪我をした場合の傷害保険の加入は必須です。最近では、ダッキーやカヤック、カヌーなどのリバースポーツも人気化しており、業者選びにおいては、飽きないコース展開、自然にできた地形を利用したスポーツアクティビティが提供されているなど、何度も訪れたくなる、また、中学生以下の小人にも楽しめることも加味したい点です。ラフティングを楽しむために、業者の中には、レンタルサービスも提案しており、様々なレジャーアイテム、設備や機材なども貸し出ししてくれたり、もちろん、インストラクターとなるための資格取得のコースに利用したり、取得のための講習を提案しているケースもあります。球磨川の急流に対応して設計されたラフトボートでなければ危険性も高くなりますし、進水と離水、安全な乗艇や下艇なども、しっかり教われるプロのインストラクターの存在も大事です。ダッキーとは違って、最大で6人から7人で乗り合わせますが、大型ボートならばフリップ時、頭上にボートが乗っかっても衝撃が軽減でき、素早く転覆したボートを元に戻すことができるため、初めてならばダッキーよりもラフティングがオススメできます。

注目キーワード

宇宙船
朝日ソノラマが発刊していた、日本の特撮の専門雑誌。隔月刊。 2005年6月1日発売のVol.119(2005年7月号)をもって休刊。 2008年、ホビージャパン社が権利を譲り受けて復刊させた。
船橋
ブリッジ Bridge、艦橋とも。 船長・航海士などが位置し、船舶の操船を司る場所。たいていは視界の広い高所に設けられる。
PAGE TOP ↑